移りゆく日常の足跡をペタペタとつけていきます


by kohana555
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

象の背中

秋元康が書いた小説で、ちょうど今映画やってるところのようだね
見に行くと絶対泣くから見に行かないけどw

んでそれを元にしたアニメーション+歌が公開されてるので見てみた
・・・
予想通り泣いた(´;ω;`)ブワッ
だめだこの手のには弱いんだ・・・

見たい方はこちらの象の背中のページから
http://www.p903ix.jp/main.html


あらすじは見たい人だけどうぞ



妻と2人の子供、幸せな家族4人。
会社での地位も得て、順風満帆に暮らす48歳の中堅不動産会社部長・藤山幸弘は、
今まさに人生の“円熟期”を迎えていた。
だが、ある日突然、末期の肺がんと宣告される。
その時、藤山が選択したのは、延命治療ではなく、人生を全うすることだった。
彼は残された時間に今まで出会った大切な人たちと直接会って、
自分なりの別れを告げようと決意する。
妻・美和子はそんな夫の決断に戸惑い、思い悩んだ末、彼のすべてを受け入れようと決意する…。


だめだ設定読んだだけでもう泣ける・・・(´;ω;`)ブワッ
[PR]
by kohana555 | 2007-11-18 03:37 | 日常